アレグラとパッチテストの必要性と腹痛について

アレグラを投与する場合には最初の段階でパッチテストを行って、原因物質を特定しておくと、正確な対処をすることができるので、とくに喘息などがひどい患者はパッチテストを定期的に行って、ダニやハウスダストなどの日常生活の中にある危険な原因物質について知っておくことが重要です。アレグラはパッチテストで植物の花粉が原因物質だった場合に鼻炎やくしゃみを予防したり、改善するために処方されることが多く、春先のスギ花粉症などに多く使われているので、アレグラは主に点鼻薬として使用されるようになっています。アレルギー反応による腹痛は主に食物が原因の時に起きるのですが、下痢を薬などで止めようとせずにそのまま体外に排出することによって収まるので、腸の動きを完全に止めてしまうような強い下痢止めを使用するのは避けなければなりません。腹痛の主な原因は胃なのですが、アレルギー反応が起きている場合には腸に異変が起きていることが多く、急激に下痢の症状が出るので、パッチテストなどでしっかりと原因物質を特定して、外出時には食べないように心がけることが大切です。腹痛は体外にアレルギーの原因物質が完全に排出されると止まるのでそれまでの時間は痛み止めなどを用いて痛みをコントロールすると症状を早く治すことができます。アレグラは基本的には鼻炎やくしゃみ、蕁麻疹などの改善に使用されることが多いので、食物アレルギーの場合にはアレグラと同じタイプの薬が投与されることが多く、現在の医療現場では第二世代の抗ヒスタミン剤を処方することが基本となっているので、特別な理由がない限りは古いタイプのアレルギー剤が処方されることはありません。しかし薬には体質との相性があるので、かかりつけ医と相談をして副作用の出にくいタイプの薬を服用することが重要です。