アレグラと生食などのアレルギー原因物質の特定

アレグラは魚の生食などで起きたアレルギーに対しても効果的で、原因物質によって蕁麻疹などが起きた場合には皮膚の表面に塗布することによって速やかに症状を改善して痒みなどの不快な症状を抑えます。魚や肉の生食が原因物質とされる場合には鮮度が落ちている場合が多く、とくに青魚や鶏肉などはアレルギー物質が急激に増えてしまうので注意をしなければなりません。食べてからすぐに異変に気がついた場合にはアレグラなどを内服すると症状を軽減させることができますが、基本的には体外に排出することが必要なので、下痢などを無理やり止めることはしないで、アレルギー物質をすべて体外に排出することが非常に重要です。生食の魚が原因物質の場合には刺し身などを常温で放置していた場合に多いとされていて、生の状態では劣化が早く進んでしまうのでアレルギー体質の人の場合はなるべく新鮮な状態で刺し身などを食べる必要があります。また予防的にアレグラなどのアレルギー剤を服用することがありますが、日本においては花粉症治療だけに効果が認められているので食物アレルギーに対しては予防的にアレグラを服用しても効果は期待できない場合もあります。第二世代の抗ヒスタミン剤の特徴は眠気が起きないということで、これはアレグラの脂溶性の低さが影響していて、脂肪分に溶けにくいという特徴があるために脳に吸収されにくいので眠気や集中力の欠如などの症状が出にくくなります。このために受験などをする場合には第二世代の抗アレルギー剤が服用されることが多く、服用しても試験結果に影響を与えることがないので、学生やサラリーマンなどの眠気が起きると困る人に対しては積極的に処方されています。