アレグラはキュウイやほこりアレルギーに有効か

アレルギーは様々なアレルゲンによって引き起こされることがあります。アレルギーとは体内に入った物質が人体に異物だと認識され、人体を守るために免疫機能を働かせることによって起こります。アレルギーにはI型、II型、III型、IV型と4種類のアレルギーが起こります。キュウイアレルギーやほこりアレルギーはこの中でI型アレルギーに属します。
I型アレルギーでは、最初にアレルゲンが体内に入ってきた時にマクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞によってヘルパーT細胞に抗原情報が伝達されます。そのヘルパーT細胞はそのアレルゲンを認識できるIgE抗体を産生します。このIgE抗体が肥満細胞表面に並ぶと第一段階が終了です。もし再びアレルゲンが入ってくると肥満細胞表面のIgEに結合します。このIgEがアレルゲンによって架橋されると、肥満細胞の中の顆粒が血液中に放出されます。この顆粒の中にはヒスタミン、ロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが大量に含まれています。その中でも主にヒスタミンが人体に作用して、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などを引き起こします。
アレグラがキュウイやほこりのアレルギーに効果があるかどうかに関してですが、アレグラは前述の肥満細胞から放出されアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの受容体においてヒスタミンと競合し、ヒスタミンの作用を弱める薬です。よってキュウイやほこりによって引き起こされたアレルギー症状に対してアレグラは有効な薬であると言えます。このような抗ヒスタミン効果を示す薬剤は沢山ありますが、眠気が出やすいことが問題点の1つとなっています。しかしアレグラには眠気を引き起こす副作用がないことが特徴で、他の薬で眠気が出て困る場合にはアレグラを使用するといいでしょう。